生理中のお手入れはできるのか?

生理中のデリケートゾーンのお手入れはできません。デリケートゾーンやヒップ以外の足の付け根やワキなどは施術可能です。しかし、生理中は普段よりも肌が敏感になっていることがありますので、痛みを感じやすくなることや赤みが出やすくなることを考慮すると別日に施術するほうが無難でしょう。当日キャンセルしたとしてもミュゼではペナルティがありません。トラブル防止のためにも生理がきてしまった場合には、速やかにキャンセルするといいでしょう。

生理を隠して施術を受けることは可能?

生理の終わりかけなら、タンポンを使用すれば施術を受けられると思う人もいるかもしれません。タンポンを使用しても匂いや血などで生理と分かってしまう可能性は高いでしょう。そうなると即刻中止のことがほとんどです。生理中はホルモンバランスの変化により肌トラブルに陥ることがあります。同様に生理前後も施術が肌荒れの原因になる可能性はあるのです。肌への影響を心配するのであれば、生理の前後一週間は施術をしない方がいいでしょう。

生理痛の薬を服用していたら?

薬を服用している場合は施術ができないことがあります。生理痛のための市販の薬などで、思わぬ副作用が出ることが考えられるからです。薬の服用は黙っていれば気付かれることはありませんが、正直に申告しないのであればミュゼは責任を持ってはくれないでしょう。黙っているのですから、施術中に不測の事態に陥ったとしても文句は言えません。薬の種類によっては医師の許可があれば施術することは可能です。しかし、施術は健康状態が良好な時にこそ効果的とされています。健康になってから脱毛を進める方が無難でしょう。